笑顔が広がる居宅訪問サービス 社会福祉法人ラーフ

香川県観音寺市観音寺町甲 3407 TEL:0875-82-6003

居宅訪問 障害福祉サービス事業所 やまもも 支援センター ウィズ 理事長の部屋 ラーフ通信 Facebook始めました やまももWEBショップ
リール

リール4月10日 順次開店

就労継続支援 A 型事業を行う障がい者就労支援施設。
就労継続支援A型事業所とは、障がいにより企業で働くことが困難な方であって、雇用契約に基づき(時給766円~)、継続的に就業が可能な65歳未満(利用開始時)の下記の対象者に対し、生産活動、その量の活動の機会の提供、その他の就職に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練・支援を行います。


対象者は、具体的には次のような方があげられます。
・就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった方
・特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつかなかった方

リールの仕事(作業)内容は以下の通りです。
・レストラン:調理、接客、片付け、配膳、清掃
・美容室:接客、清掃等美容師補助業務
・産直:集荷、袋詰め、販売、洗浄等
・カルチャースクール:机や椅子の準備、清掃等

ご利用をご希望する方の窓口は、雇用契約に基づくため、ハローワークです。最寄のハローワークで本施設の求人票をご確認ください。

■新事業所の概要
店舗名:リール
住所:香川県観音寺市柞田町(くにたちょう)1060-1
電話番号:0875-82-9520
内容&営業時間:レストラン8:30~17:00、美容室9:30~17:30、産直9:00~17:00、カルチャースクールは教室により9時~21時の間で開催


■事業の展開

第1弾 産直・カルチャーオープン
4月10日朝9:00~(先着100名 記念品贈呈) 場所:リール

産直・カルチャーオープン

1. 新鮮地元野菜の産直(農家も喜ぶ産直)
今回産直を開くにあたり、農家さんの悩みをお聞きしました。通常の産直では、農家さんが商品を作り、納品し、売れ残りを回収するという、小規模の農家さんにとってはとても手間がかかるシステムでした。しかし私達は、私達が集荷に行き、商品を作り、販売(万が一の売れ残りは処分)まで行います。農家さんが、野菜作りに専念できます。
もちろん商品は、産地直送ですから超新鮮です。こんな産直、初めてじゃないですか?


2. 仲間たちで学べる・ワイワイ楽しめるカルチャースクール
主に地域の高齢者さんや子育て世代のお母さんを対象に、地域住民が集うことができる場所を作ります。絵手紙・スマホ教室、健康でいる為の食事・体操教室や貯蓄に関する学習教室等等。文化系、スポーツ系、学習系の教室が沢山あります。みんなで集って笑って健康な地域を作っていきます。

http://shafuku-laugh.com/event/index.html
教室の開催予定は上記の URL からカレンダーをご確認下さい。


第2弾 美容室
4月16日朝9:30~(予約優先:お電話はこちら 0875-82-9520) 場所:リール

美容室

どんな車椅子のままでも綺麗になれる完全予約制の美容室
これまで各店でトップスタイリストだった美容師3人が集結しました。障がい者と一緒にお客様を綺麗にそれ美容室は、全国でも数少ないと思います。そして、こだわったのが椅子とシャンプー台!障がいがない方はもちろん気軽に使えます。でも車椅子の場合、電動又は手動タイプ、背もたれが高い又は低い、リクライニングが出来る又は出来ない等色々。人の状態も、車椅子から移れる人と難しい人…そんな中、全てを網羅する物たちを見つけました。
ユニバーサルにこだわったこの作りを、すでに美容業界某メーカーさんに注目されており、そこからの取材依頼も頂いています。


第3弾 レストラン
5月7日朝8:30~ 場所:リール

レストラン

地元の新鮮野菜やベジブロスを使った健康レストラン
店内はガラス張りで明るいけれども大人が落ち着くことが出来るシックなイメージです。食材には、ラーフ自家製野菜や観音寺市・三豊市の新鮮食材を沢山使ったモーニング&ランチレストランとなります。スタッフは障がいがある無しにかかわらず、バリアなんか超えて一緒に料理やおもてなしをします。障がいがある人もない人も、高齢者さんやちっちゃいを連れたお母さん…そんな共生社会、共生レストランを作ります。
こだわりは、最近流行のベジブロス(野菜で作るダシ)です。栄養価や一味上の味わいが出ると言われるこの隠しダシで、地域の皆さんに少しでも健康になってもらいたいと思います。また、フランスで修行をしてきたシェフが、第2・第4土曜日限定のスペシャルランチをご用意します。ここは特に注目です!


■その他事業所の特長
今回成長するラーフが、観音寺市柞田町にオープンする新事業所リールでは、様々な所でユニバーサルな工夫をする為、平成29年11月からプロジェクトチームが立ち上がりました。支援員予定者や、美容室やカフェ作りのプロの皆さんでのチームです。そこに理事長毛利公一(車椅子当事者、社会福祉士、精神保健福祉士の国家資格取得、イベントプロデュース、講演活動など。そしてその活動が評価され、2014年に青年版国民栄誉賞と言われる人間力大賞準グランプリを受賞)が加わり、ユニバーサルな店舗作りの最強チームとなりました。

ショートステイ

ちょっとしたホテルのようなショートステイ(4床)
テレビ、冷暖房完備。レストランの食事をご提供。
ショートステイは病院や施設の一部ではありません。活用目的は、本来、家族の介護疲れを減らす為のもの…。こんな常識は変えて頂きましょう。おいしいものを食べて、美容室で綺麗になって、お部屋ではゆっくり過ごして、ホテルに泊まりに行く感覚で使えるショートステイです。オープンは4月中旬を予定しています。



観音寺市から指定を受ける福祉避難所
オープンしてからすぐ、観音寺市と調印式を行い、観音寺市初の障がい者福祉系の福祉避難所となります。施設には、30人が3日間生活をする為の食料や布団等が備蓄されています。また、災害時にスタッフや地域の方々とスムーズに被災時対応ができるように、今年度6回のワークショップを地域の方々と一緒に開催する計画があります。

■新店舗オープンの背景
社会福祉法人ラーフは、これまで観音寺市・三豊市において、3つの拠点で訪問介護事業(障がい者高齢者にホームヘルパーを派遣する事業)、就労継続支援 B 型事業(障がい者に日中の就労場所を提供しスイーツ作りや農作業を行う事業)、地域生活支援事業(大人の発達障がい者に日中活動及び支援を提供する事業)を行ってきました。
ラーフが新事業を立ち上げる前には必ず地域のニーズ調査を行います。本件では、主に西部養護学校の生徒及び保護者約100名にアンケート調査を行いました。その結果、就労支援サービスへのニーズが高く、西讃地区にはまだ無かった本事業を行う事で、地域のニーズに応え地域貢献できると考え、立ち上げを決意しました。
さて、ここで少し就労継続支援 A 型事業についてご説明します。本事業は、障がいにより企業で働くことが困難な方であって、雇用契約に基づき、継続的に就業が可能な65歳未満(利用開始時)の下記の対象者に対し、生産活動、その量の活動の機会の提供、その他の就職に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練・支援を行います。

ページトップへ